2021年

1月

15日

女性の活躍にむけて

 

 緊急事態宣言が福岡県にも発令されました。皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。

 

 13日の午後7時からの菅首相の記者会見をテレビで見ました。その時に感じたのは女性の参加者の少なさ。司会の方ともう一人、その方の質問が「医療体制」についてでした。

 

 その前の数人の男性の質問者でこの手の質問は皆無。この女性の後、質問をした男性もこの女性の内容を膨らませる形での感染症対策についての質問でしたが、最後で時間がないと、菅首相の回答は不十分でした。

 

 日本の医療機関のベッド数は世界のトップレベルにあると言われます。なのにどうして世界の中でさほど多くない感染者数に対して「医療崩壊」と大騒ぎしないといけないのでしょうか。

 

 前から疑問に思っていましたので、この質問があるのを待っていましたが、首相からの明確な回答はありませんで、がっかりです。

 

 日本はこの20年間、行財政改革推進のもとに公立の病院、保健所の数を選らしてきています。民間の機関に対応を依頼すればと思いますが、コロナ感染に関してはハードルが高いようです。調査してみます。

 

 昨年9月の自民党総裁選の時の記者会見でも女性の発言は一人ぐらいだったような気がします。記者会見で質問できる立場の女性は少ないのでしょうね。男性の質問は型通りのような、突っ込みが足りないと思われます。もっと女性の活躍を願います。

 

 さて粕屋町の女性の活躍はどうでしょうか。ここもなかなか進みません。女性議員として責任を感じまています。

 

 12月の一般質問で女性リーダーの養成について質問しました。避難所運営についての質問に関連して女性の防災士養成に力を入れたらどうですか、と提案しました。詳しくは次回に。

 

 

2021年

1月

09日

七草粥

続きを読む

2021年

1月

08日

雪の日のバラ

続きを読む

2021年

1月

07日

女性の活躍を応援する施策とは

 

 5日の新年の思いに書いた①「女性の活躍を応援する施策」について具体的に述べてみます。

 

 端的に言えば男女共同参画推進ということですが、この参画という言葉がわかりやすいようで実はあいまい、的を得ていないと思います。

 

 平等で良かったのではないかと思いますが、国、県がこういう言葉で定めている以上それに従う、という感じです(そういう言葉にしなければ法律は作れなかったという裏情報もあります)。

 

 男女共同参画基本法ができたのが平成11年。大方20年近くなろうとしていますが、それでも世界ジェンダーギャップの調査では日本はいまだに121位という低さ。

 

 世界の中でなぜジェンダーギャップが低すぎるのか、国や地域の政治の問題と、もう1つは女性自身の意識ではないかと思っています。

 

 多くの女性は自分の思いを表立って主張しないのです。実は私自身も含めて、主張しなければならないときに主張せず、気持ちの上だけでグダグダ、もやもやしていることが多いのです。

 

 「減点主義」に支配されているからではないかと思っています。

 

 100%こなすことに自分もまわりも評価の基準を置いていて、できなかったことに消沈する。マイナス何点と、自分で足りなかったことを悔やみ、そしてこだわる。

 

 良妻賢母であること、こうあらねばならぬという思い込みが、表立つことを控えさせるのです。評価を得たいという願望がきっと強いのだと思います。

 

 家事、育児、介護などを夫や子ども、他の機関に任せられず、また任せたとしても罪悪感が付きまとう。保育園に子どもを預けて仕事に出ることが子どもに申し訳ない、施設に預けないで在宅介護をすることが良しとされてる風潮など。

 

 話し合ってそういう選択をしたのならともかく、それが求められているという、そうしなければ申し訳ないという錯覚、思い込みからの場合が多いような気がします。

 

 15年前に「女性の視点でまちづくりを」と、立候補して議員活動していますが、男女共同参画に関してはどこか中途半端でした。強く訴えることができなかったのです。信念が足りませんでした。また、そのことをあまり主張しても票に結びつかないのではないかという不安もあり、控えめに(?)してきました。

 

 それを変えることができたのは昨年デンマークに行ってから。

 

 子育てや介護などから解放された女性のいきいきとした表情、心に深く残っています。税金は高いのですが、透明性が担保されているので信頼して納税しています。保育士や介護士はほとんど公務員でした。

 

 女性はパートナーと自分の事だけを考えればいいのですから仕事に専念できます。気持ちにゆとりがあり、仕事も人生も楽しめます。仕事は失業しても何度でも学び直すチャンスを、給付金付きで保障されています。

 

 そのような社会を実現するにはまず女性自身が声をあげないと、自分の力で手繰り寄せないと実現できないのですが、日本の場合は、その手繰り寄せるという気持ちが足りないような気がしてならないのです。

 

 権利意識を希薄にさせられているのかもしれません、自己責任を強調しすぎます。私たちは納税者です。社会の問題として捉えるべきです。自助を強調しすぎるあまり思いが公助に思い至らない。

 

 コロナ過で非正規雇用の方が仕事をなくし困っておられますが、その多くは女性です。正社員に、同一賃金同一労働に、という主張をしなければ、次の世代は今と同じように、否、今よりもひどい状況になりそうです。これからの未来を形作るために声を上げましょう。

 

 まず自分が何をしたいか、それを明確にできることがすべてのスタート。その結果、出てきた思いを活かせる行政の施策、そのためのまちづくりを皆さんとともに頑張りたいと、今は心から思っています。

 

 

2021年

1月

05日

新年の思い

 

 2021年の新しい出発に際して。

 

 今年は改選の年なので4月までの思いを述べてみます。

 

 1~4月まではとにかく選挙に向けて頑張りたいと思っています。頑張るにあたって考えたことは2つあります。

 

 一つは昨年11月3日に粕屋町から「自治功労者」に推奨されたことへ責任、2つ目粕屋町に女性の議員が増えることを願って、普通の人が普通に活動して立候補できる道筋を示したいと考えています。

 

 つまり選挙にお金、人手をかけないこと。もともと私は支持母体もないし、私の住んでいる区は3人、一時は4人町会議員がいた地区で、地域代表ということにはなりえない。

 

 ひたすら自分の主張を皆さんに、個別にお伝えするだけの活動でしたし、15年経った今もそうです。

 

 その結果が推奨につながったのかなと、初心忘れずに頑張りたいです。そして、どなたでも思いさえあれば議員になれるということを伝えたい。

 

 ここで大事なのが本田よしえの主張。15年間の議員生活でやり残したこと、その上での新たな主張など、今の時点で考えたことを述べてみます。

 

 

1. 女性の活躍を応援する施策を

  

      家事や育児、介護の半分はパートナーと分かち合い、地域、仕事など

  でその存在感を示せるように

 

2. すべての子どもたちが共に学べる環境づくり

  

  インクルーシブ(包摂)教育を進める

 

3. ふれあいバスに逆回りコースを取り入れる

 

4. 九州大学農場跡地に住民交流センターを

 

5. まちづくり情報をわかりやすく迅速に

 

 以上です。4月までにはもう少し時間がありますので、皆さんからの要望も踏まえて考えていければと思っています。

 

 本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

2021年

1月

01日

初日の出

続きを読む

2020年

12月

30日

年末・年始医療体制、住民目線のアップの仕方

 

 12月29日より1月3日まで一般の医療機関は休診中です。この間、コロナ感染の疑いあった場合どうしたらよいのか、粕屋町のホームページを開きました。ところが相談窓口や必要な電話番号がどこにあるのか、なかなか出てきません。

 

 12月28日にホームページの公式ラインアカウントを登録して友達申請をしている築上町からラインでお知らせがありました。

 

 読んでみるととても安心感がありました。粕屋町とどこが違うのか、考えてみたいと思います。築上町の場合は住民の不安感に沿った、遭遇した場合に具体的にどうしたらよいかがわかる記述です

 

 早速応用して、築上町の伝え方で、粕屋町情報を本田がアレンジしてお伝えしてみます。築上町では登録申請している人に、このような形で直接あなたのもとに情報が届けられているのです。

 

 本田のアレンジによる粕屋町の問い合わせ(案)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

年末年始・夜間帯の体調不良時(新型コロナウイルス感染症に関することも含む)の対応についてお知らせします 

 

12月29日(火曜日)から1月3日(日曜日)にかけて。年末年始のため、休診としている医療機関もあることから、急な発熱等体調不良があった際の対応についてお知らせします。

また年末年始は感染症予防を徹底し、健康に新年を迎えられるように努めましょう。

 

【37.5C以上の発熱や咳・痰・鼻水などの風症状がある場合】

 

現在、新型コロナウイルス感染症が流行していますが、37.5C以上の発熱や咳・痰鼻水などの風症状がある場合は、かかりつけ医、または下記の医療機関等へ事前に電話連絡したうえで、受診してください。

  

続きを読む

2020年

12月

24日

イブのサンタさん

続きを読む

2020年

12月

23日

女性リーダーが育つ土壌づくりを

 12月議会の一般質問で女性リーダーの養成について問いました。

 

 男性にはリーダーとしての能力を磨く様々な機会が与えられています。人はその与えられた役職で大きく伸びます。その分責任も重いのですが。

 

 ところが女性はでしゃばるなというネガティブな空気があって手を上げるのを控える方が多いのです。

 

 女性の側にも流れに身を任せた方が楽な部分があり、あえて前に出ることを選択しない場合もまた多いのです。その分社会人としての能力を伸ばす機会を失っていると私は感じます。

 

 ところが今、そのしっぺ返しが来ています。コロナ過で真っ先に首を切られるたのは非正規雇用の女性たち。また、8月の統計では女性の自殺率が異常に高くなっています。

 

 コロナ過で夫とともに在宅勤務していても家事・育児は女性の方が負担している場合が多く、仕事ができなかったと嘆く方も多かったと聞きます。

 

 育児も家事も互いに分担し、責任ある役職について仕事の技、社会性を磨く。その人の能力に応じてそれに値する仕事、役職が当てられ、男性と対等に仕事ができ、賃金ももらえる。そんな世の中にならないかと思います。

 

 昨年デンマークに行って垣間見た社会。育児や介護は国の責任、仕事のスキルもみがけ、自由にいきいきと生きている女性たちに出逢いました。

 

 アメリカでは女性の副大統領が年明けには誕生します。カマラ・ハリス女史です。11月7日の民主党勝利が決まった時の演説はすごかった。心を震わせた多くの女性がいたと思います。私もその一人。

 

 「私は初めての女性副大統領になるかもしれませんが、最後ではありません。なぜなら今夜、これを見ているすべての小さな女の子たちが、この国は可能性のある国であるとわかったからです」

 

 果たして日本はどうでしょうか。可能性を見出せますか。?です。

 

 私たち大人の女性は未来のために、次の世代のためにリーダーとなる女性を育てる土壌つくりをしているでしょうか。これも?です。

 

 更に私自身で言えば、「ノン」です。

 

 目先のことばかり捕らわれて、そこまで考えるゆとりがありませんでした。ところが今年、コロナ過で多くの考える時間を頂いたことが幸いしました。今は少しずつ着実に前へ進む手立てを提案できる気がしています。

 

 12月の一般質問は具体的な手立てとして、女性の「防災士」の養成を提案しました。詳しくは次のページで。

 

 

2020年

12月

20日

駕与丁公園 ツルバラの剪定

  

 18日に駕与丁公園のツルバラの剪定作業をしました。バラサークルで手入れを受け持っている2つのツルバラの冬剪定です。

 

 葉を落とし、伸びた枝先を20~30センチカット。誘引している枝からの分かれ枝の2芽を残し、これもずらっとカット。すっきりした枝を咲いてほしい形に誘引し直し、針金で止めます。

 

 寒い寒い日で、しっかり厚着をし、ホッカイロも準備。でも実際は風がほとんどなかったので、作業は楽しく終わりました。

 

 私の場合はたまにしか参加できないので先輩会員のやり方を補佐。はさみを持つ手よりもお口の運動の方が多いボランティア活動でした。

続きを読む

2020年

12月

18日

シニア世代応援事業

 

 12月定例議会が15日で終わりました。少しずつ報告をしていきます。今日はその①として「シニア世代応援事業」についてです。

 

 新型ウイルス感染症対策の一環として、65歳以上の町民(基準日12月15日)に来月中旬より1万円の商品券(1000円×10枚)配布されます。

 

 対象者予定数は8,800人です。配布方法はゆうパックで、申請の必要はなく、ただ辞退者は連絡してくださいということです。

 

 議員として受け取るのは気が引けますが、せっかくの事業、使い方を考えようと思っています。

 

2020年

12月

13日

冬のバラ

続きを読む

2020年

12月

12日

監理委託業務を独立した事業に

 

 12月定例議会は残り2日。議案の審査は終わりました。15日の最終日に採決があります。

 

 今議会で提案された補正予算の中で、質疑が集中したのは旧焼却場解体工事の監理業務委託料583万円が追加になったことでした。

 

 旧焼却場解体工事の経費については9月定例会で、2年間工事で8億7千万円(25年では2億6千万円だった)の増額補正案が可決済です。今回はその工事の監理業務委託先の事業者を変更するための増額補正です。

 

 ひっくるめた予算の一部変更となっていることが、内容をわかりにくくしています。

 

 当初は、現在設計修正業務を委託をしているA社にそのまま監理業務を依頼する予定でしたが、そのA社に会社運営の不透明な動きの可能性が出てきたために、大事を取って、他の業者を公募するための増額変更なのです。

 

 もともと解体工事設計案が25年度当時よりダイオキシン除去やアスベスト処理で、予定金額が3倍以上に膨れ上がっているために「予算の増額」には敏感に反応する部分があります。

 

 委員会採決では私はまだ態度を明確にしていません。

 

 問題を整理してみると、監理業務委託は環境問題、地元説明会などで今後長期にわたって事業展開してくると思うので、項目としては独立して別の事業として考える方が良いのではないかと思います。

 

 今裁判中の給食センター建設の問題はこの監理業務委託軽視したことに起因するのではないかと私は考えています。

 

 給食センター建設中の廃棄物処理の経費負担で問題が起きた時に、なぜ弁護士に相談しなかったのか問いただすと、その費用を汚染物質の調査に使っていたことが判明しました。

 

 費用捻出のために、監理業務内容を軽視したことで問題が複雑長期化し、結局は住民訴訟にまで発展、現在係争中となっています。汚染物質が出るのは想定外だったのです。

 

 旧焼却場解体工事がその二の舞にならぬように願いたいものです。

 

 

2020年

12月

09日

質問を終えて

続きを読む

2020年

12月

08日

LINE 公式アカウントを始めて6か月

続きを読む