2020年

9月

17日

メンタルの強さとモチベーション

                                              毎日新聞より

 大阪なおみ選手の活躍は見事なものでした。

 

 彼女のメンタルを支えたものは何だったのか、それを知りたくて新聞記事を読んでいます。スポンサーに気兼ねすることなく、大会関係者にも迷惑をかけるということを気遣うこともなく自分を貫く。そして「優勝」という結果を出した彼女の偉業に、ただただ驚嘆しています。

 

 アスリートである前に一人の黒人女性であることを最優先し、勝ち続けなければ黒人の犠牲者たちの名前を伝えられないというプレッシャーを試合へのモチベーションにして、見事に昇華させました。

 

「相手に押されてしまうのは簡単。勝つことは考えず、ただ戦うことだけを考えた」。なおみ選手の言葉です。

 

 勝つために試合に挑むのではなく、訴えるために、犠牲者の名前をアピールするために戦かったからこそ、勝つことができ、毎日新聞記事の大見出しの「タフさ身に付け 逆境に崩れず」が生まれたのでしょう。

 

 メンタル面が弱くて負ける、というのが彼女に対する最近の評価でした。しかも優勝戦は第一セットで完敗しています。それを持ち直して優勝したのは、信念の強さの証ではないかと感じています。

 

 本田よしえの信念は?!

 

 

2020年

9月

15日

側溝の蓋の劣化

 

 9月10日の私の一般質問のテーマの1つが「歩道整備」でした。

 

 「歩道整備計画はありますか?」

 

 「ありません。」

 

 端的に報告すると以上のようになりますが、歩道の整備についてはきちんとしているという答えでした。粕屋町のように地価の高いところでは幅員を広げたり、道路を新設するときに歩道もきちんと確保するのはとても困難です。

 

 だったらせめて今ある道路を歩きやすく、安全なものをと思うのですが、その整備が不十分と私には思えます。

 

 道幅が狭く交通量の多いところは側溝の上も道路となります。ひっきりなしに車が通り過ぎる時、歩行者は側溝の上を歩きます。その側溝がガタガタで、すき間があって、でこぼこだったらどうなるでしょうか?

 

 下の写真の場所は若宮、原町旧通りから続く道路ですが、一方交通ではないために抜け道として多くの車が行き交います。歩行者は端の方に避けざるを得ず、この側溝の上を歩きます。

続きを読む

2020年

9月

14日

女性の活躍はどこへ?

 

 9月12日に自民党総裁選の公開討論会が日本記者クラブ主催で開かれました。

 

 総裁選の候補者にも、各社の記者を代表して質問する質問者のなかにも女性はいませんでした。ただ一人司会者だけが女性だったという現実をどう考えたらいいのでしょうか。

 

 女性の活躍というテーマが与えられても内容が深まらず、翌日13日の朝刊には、そういうテーマがあったことさえ報じられることなく、外交、経済、コロナ対策に政治面も社説も終始していました。

 

 本日、日本の首相が決まります。今朝14日のニュース解説はもう次の人事の話題。主要なポストにおこぼれで女性配置はあるのでしょうか。日本における私たち女性の存在の希薄さを露呈している総裁選です。

 

 13日の毎日新聞の「時代の風」の欄に「継承してはならぬもの」と題して日本総合研究所の首席研究員藻谷浩介氏が述べておられたことが心に残っています。

 

 自民党総裁選で原則とされる党員投票を行わないことに対し、石破候補が「不満を述べた」報道だろう。不満とは感情であり講師の区分で言えば「私」の領域に属する。石橋は「党内民主主義に照らして妥当ではない」と指摘しただけであり、これは感情論ではなく、公的な政策論である。それを「不満」と書いてしまうのは、「公私混同」も甚だしい。「公」の視点のない感情論が、議会内外を埋め尽くした7年8カ月。

 

 民主主義の屋台骨たるべき公論の土俵が腐っていくのを止めずにむしろ助長した姿勢は、後世最も指弾されるべき点であろう。

 

 公論」は様々な立場の意見が必要です。女性の存在なくしては深まらないと思っています。

 

 首相はすでに内定し、人事もあらかた水面下で了承済みという流れがあるような気がするのですが、日本の政治風土に「女性」の存在はどうなっているのでしょうか。

 

 有権者の半分は女性。投票率は女性の方が高いと結果もあります。その女性に、女性政治家として何を訴えればいいのか、ここ2、3日の私の思いです。

 

 論理的に、しかも訴えやすい内容で多くの女性に換気を促したいと思うのですが、ただそれよりも前に、私のメンタリティを強めることの方が先決と大阪なおみ選手の活躍を見て思いました。

 

 心がブレなければ、いつかその主張は認められるのではないか、いい子ぶってぶれることが多い私自身の反省です。

 

 

2020年

9月

09日

乗り損ねたシャトルバス

 

 9月1日より運行開始のイオンモールと福祉センターを結ぶシャトルバスに乗りました。9月5日と6日の2日間でその体験から報告します。

 

 5日はCコースに乗りました。私の住んでいるところから徒歩7分の「原町バス停」に9時16分に乗るつもりで待っていてもなかなか来ません。5分過ぎた頃、乗り継ぎがあるので心配になって福祉センターに電話をしました。

 

 電話途中にバスが来て、ホッとしたのですが、福祉センターについたところ、イオンモール行きのバスは発車した後。「えっ、そんな?!」

 

 時刻表では私の乗ったバスは9時31分着。イオンモール行きのバスは9時35分発時刻通りに行ってもぎりぎりです。

 

 センターの職員さんにお尋ねすると、このCコースは607号線を通るのでよく遅れるということでしたが、それならこのシャトルバスの発着時間をもう少し余裕を持って設定できなかったのかと思いました。

 

 タクシーでイオンモールに行き、帰りは11時52分発のバスに乗り、福祉センター12時2分のBコースのバスに乗り、商工会前15分着。徒歩で12時半には家に到着。

 

 6日はR長者原駅から乗車できるAコースで体験。こちらはスムーズに福祉センターに時間通りにつき、無事シャトルバスに乗ってイオンに行きました。ところが9時45分には着いて、10時開館のイオンモール前で15分ほど待ちました。

 

 これなら、昨日乗り損ねたCコースからの連結不十分さを補うために、福祉センター9時35分発を45分発ぐらいにしたらどうかと思いました。駕与丁横の道路は渋滞が発生するために本来ならば7分ぐらいで行くところを25分間と見積もって時間を設定してあるのです。

 

 このシャトルバスの目的は住民アンケートにより考えられたもので、車のない町民の方がイオンモールへ行きやすくできるようにするために新設されたコースではないでしょうか。

 

 乗り継いでシャトルバスに乗りイオンモールに行けると思った町民の方が、間に合わず取り残されたという失望感を味合うことになるのですが、これはどうなんだろうとつくづく考えさせられました。次の便は1時間後なのです。

 

 一般質問をするので、行政職員、センター職員の方にヒアリングをしました。よく検討されたようなのですが運用に当たって疑問が残りました。

 

 6日は何の問題もなく目的が達せられてとても楽しくショッピングできましたが、台風対策は夫にまかせっきり。「えーっ?!」

続きを読む

2020年

9月

07日

パーティション(間仕切り)と段ボールベットのある避難所

 

 台風10号は粕屋町において被害はほとんどない状態で通過しました。ホッとしています。

 

 自主避難所の案内がホームページに出ていましたので、本日7日9時過ぎに、そのひとつの粕屋中央小学校の体育館へ行ってきました。

 

 6月議会において書面による一般質問通告書(回答も書面)を提出しましたが、その中でコロナ禍における避難所のあり方というテーマで、パーティション(避難所用間仕切り)などの購入を提案していましたところ、すぐに6月24日の臨時議会で予算化されました。

 

 実物はどのようなものか、またどのように使われているのかその様子を知りたかったの行ってきました。その様子を写真とともに報告します。

続きを読む

2020年

9月

03日

福岡青洲会病院 その後

 

 コロナ感染に関する福岡青洲会病院の、その後の状況をお伝えします。8月6日に職員の感染が判明した後クラスター発生となり、病院外来業務は一時ストップしていましたが、保健所の指示に基づき全職員のPCR検査を完了。

 

 陽性確認された職員はほぼ復職。9月1日より、一般外来、救急患者受け入れは中止のままですが、予約診療、健診センターの業務は再開されたようです。

 

 福岡青洲会病院ホームページ こちら→

 

 職員の陽性が判明した後、福岡青洲会病院は逐一ホームページでその経過を報告してくださいました。現在9報。おかげで安心して見守ることができました。ありがとうございます。

 

 この通知を受けて粕屋町がとても粋なことをしてくれました。福岡青洲会病院に粕屋町役場職員一同の応援メッセージが贈られたようです。

 

詳細は粕屋町ホームページ  こちら→ をご覧ください。

 

続きを読む

2020年

8月

31日

9月定例議会資料 届く

 

 9月定例会議会資料が届きました。先日もお伝えしましたように一般質問は15人です。9月議会は決算審査中心の議会、祝日もあるので会期は長丁場です。

 

 新型コロナウイルス感染拡大で、様々な問題がありますが、9月定例議会は通常通りの日程です。体調を整えて、15年の経験を活かし、議会審議に頑張ろうと思います。 

 

 一般質問も決算審査も、的確な突っ込みどころを押さえる、そのための準備を今から始めます。  

続きを読む

2020年

8月

29日

漠然とした不安

 

 安倍首相が8月28日午後5時の記者会見で辞意を表明。安倍首相のスピーチを聞きながら、この先の日本の状況について考えました。

 

 8年近い総理大臣職。その間、繁栄し、如何にも大国であるかのような報道が連日なされ、海外での各国首脳との華やかな外交路線、結局何が成果として残るのか。ロシアのプーチン大統領と30回近くの会見を持ったとの報道に、トランプ大統領との親しげな写真に、大きな疑問を抱いています。

 

 政党に関して私が無所属を貫いているのは、ある意味自民党に信頼感を寄せられる部分があったからです。尊敬できる政治家もいました。しかしその信頼感は彼によってことごとく打ち砕かれました。国会審議を無視というのが一番大きいですね。

 

 最後にやっとプロンプター(透明画面に文字を映し出す装置)を使わずに行った12分間の演説。一見スマートだったけれど虚しく響く言葉の数々。

 

 次の首相が誰になり、コロナ禍以後の政治をどう切り開いていくのか行けるのか、まだ何もわかりません。地方議会と国政はかけ離れているようですが、どんなに「地域のまつりごと」を頑張っても国の制度が変わらない限り限界があります。

 

 漠然とした不安感を、地方の一政治家としてどう払しょくさせるのか、大きな課題がまた1つできました。

 

 

 

2020年

8月

27日

9月の一般質問は 15名で!

 本日27日に一般質問の通告書を議会事務局に提出しました。なんと議長以外の全議員、15名が登壇することになりました。そして私はラストバッターとなりました。

 

 事務局の話によると今回はコロナ対策についての質問が多いということですが、私の場合は、コロナ後のまちづくりとしてふれあいバス、ICT教育を中心に、新たに歩道整備、学校施設のバリアフリー化について質問をします。

 

 「かすや通信2号」は6月議会の一般質問中心の内容ですが、思いのほか原稿書きが進まず、とにかくこれを終えて、9月の一般質問に取り掛かりたかったので、大幅に提出が遅れました。

 

 6月定例議会で一般質問は中止になりました。その理由は職員の忙しさにありましたが、それならその忙しさの大きな原因の「特別定額給付金事務」の目処がつく頃、書面で回答することはできるのではと提案し、全員協議会で了承されました。

 

 結果的にはたった一人の質問でしたが、本田よしえ個人の要望書ではなく、議会の一般質問として取り上げていただいたことは大きな成果でした。

 

 その、私のたった一人の質問に執行部が真摯に対応してくれたので、その内容を確認しつつ、そして次につなぐべく、お盆以後は毎日パソコンに向かいました。

 

 6月・9月と連続性のあるものをと思い、コロナ後の町政のあり方に思いめぐらし、書き上げました。右肩が痛くなり、腱鞘炎になりそうですが何とか仕上げることができました。

 

 役場から帰ってくると玄関先の鉢植えのデュランタの木に、大きなクロアゲハが蜜を吸っていました。

続きを読む

2020年

8月

24日

下校時の日傘?!

 

 13時40分頃、天気予報では36度。一日中で最も熱い時間帯で、下校中の子どもたちを見てびっくりしました。なんと傘をさしているのです。「えっ、雨でもないのに傘?」と振り返りましたが、2組続けて遭遇しましたので猛暑対策なんだと妙に納得。賢いやり方です。

 

 傘の中はちょっとは涼しいかな?!

続きを読む

2020年

8月

24日

まちのおいしゃさんより「新型コロナウイルス感染症の検査」

 

 粕屋町社会福祉協議会から「かすやキッズネット」というニュースレターが毎月発行されています。表はカレンダーで子育て情報、裏面は『キッズ情報』となっていて、その中に毎月連載のまちのおいしゃさんコーナーがあります。

 

 9月号の内容が新型コロナウイルス感染症の検査についてでしたので紹介させていただきます。

続きを読む

2020年

8月

20日

「英雄たちの選択」コロナ編

 

 8月19日のNHK番組「英雄たちの選択」は秀逸でした。最近は新型コロナウイルスに関することで頭が一杯。今後どうすればいいのか、政治家の端くれとして何ができるのか、思い悩むことが多かったのですが、幕末からの3代にわたる「英雄たち」の行動を知ってとても勇気をもらいました。

 新型コロナウイルス感染者への対処は保健所に権限があり、粕屋町のような町村レベルの自治体では対策が見いだせない。県・保健所の対応待ちなのです。どうしてかなと思っていろいろ調べていくうちに、保健所が担っている「公衆衛生」という言葉にぶち当たりました。

 

 その「衛生」という言葉を生み出し、日本に「自治衛生」を根付かせた3人の英雄、緒方洪庵、長与専斎そして後藤新平見がいのある番組でした。

 

 番組を企画してくださった磯田道史さんありがとう。下記はNHKより抜粋の画像です。

続きを読む

2020年

8月

19日

福岡県の陽性患者数、その状況、累計などを調べてみました

 

 以下の3図は 福岡県のホームページから抜粋しました。

  • 陽性患者数(年代別・性別)の累計
  • 検査陽性者の状況
  • 陽性患者数(居住別)の累計
続きを読む

2020年

8月

17日

久留米市のコロナ対策ポスター

 久留米市の新型コロナウイルス対策の取組について市議会議員よりFBで書き込みがありました。とてもいい内容のポスターなので、皆さんにもお知らせします。

続きを読む

2020年

8月

15日

町内すべての学校にエレベーター設置を

 

 粕屋中学校のホームページに「エレベーター設置の工事が始まりました」(7月20日)とありました。やっとですね。今年の夏休みは短いために土日を使っての工事で、工事期間は令和3年1月29日までです。

続きを読む

2020年

8月

12日

粕屋町のまちづくりに「バリアフリー法」を活かすには

 

 8月11日、建設常任委員会の閉会中の所管事務調査で都市計画課から「都市計画マスタープラン」の経過報告がありました。

 

 この計画策定があるために建設常任委員会所属を昨年希望したのですが、正直、どのような立ち位置で、どのように策定に加わったらよいのか、わからないことが多いです。

 

 過去の計画の反省を踏まえて・・・・というのが一般のまちづくり計画策定の常道ですが、この計画には評価項目がありません。20年後の社会を目指しての、あくまでも計画で、できるだけ実現できるように努力する、というプランのようです。

 

 議会審議では何かにつけてこの「都市マス」という言葉が出てきます。都市政策の中心計画です。この言葉を使うことでまちづくりに邁進しているような響きがあるのですが、本質は何か、粕屋町の都市計画の最重要課題は何かという視点で私の脳裏に浮かぶのは「歩道整備」です。

 

 町は毎年決算報告で歩道整備の数値を出していますが、なかなか進みません。新規対象の数値で、それも必要ですが、今ある道路の細かい整備、この充実が特に大事です。

 

 それは「都市マス」の範疇ではないというヤジが飛びそうですが、平成25年の「障害者総合支援法(バリアフリー法)」の実現に向けて少しでもその考えが入るように、毎年の事業計画にも盛り込まれるような文言をと思うのです。

 

 今、この段階で言えることは子育てしやすい、高齢者にも暮らしやすい「てくてくかすやロード」の実現(平成22年度の重点事業)こそ、今回の新しい標語の「暮らし続けたくなるまち。かすや。」に相応しいまちづくりではないでしょうか。

 

 計画公表は来年の1月です。もう少し時間がありますので、議員としての思いを固め、何らかの形で、具体的に年次計画で進められるような文言を、と考えています。

 

 下の写真は平成22年度の「都市計画マスタープラン」です。

2020年

8月

09日

粕屋町にクラスター発生!

 8月9日の毎日新聞朝刊に、「福岡県の発表で病院や高齢者施設にクラスター発生。粕屋町の青洲会病院でも18人が感染していた」との記事がありました。

 

 びっくりしていたら、友から青洲会病院のホームページに出ているよという知らせがあり、アクセスしてみました。 →こちら 

 

 その内容によると、8月6日に1報、8月8日に2報の記事が出ています。詳細な内容が書き込んであり、これまた驚きました。8月6、7日に131名にPCRの検査を行って確認されたようです。病院の的確な対応に安心しました。

 

 誰が、いつ感染してもおかしくない状況。正しく恐れ、冷静に行動しようと思います。感染された方の1日も早い回復をお祈り致します。

 

続きを読む

2020年

8月

07日

いつもと違う夏休み

 今日は旧暦七夕。立秋でもあります。

 明日、8日より夏休みが始まるようです。小学校のホームページ「学校だより」にスケジュールが載っていましたので転載します。

 

 8月、9月の主な行事予定より

  •   8日(土)~16日(日)夏休み①
  • 27日(木)1学期終業式
  • 29日(土)~31日(月)夏休み②  
  • 9月1日(火)2学期始業式

 

 今年の夏休みは前半、後半に分かれていて併せて正味12日間です。本来なら今日は旧暦の七夕。岩崎神社では相撲大会が催されているはずでした。いろんな行事が取りやめになり、県外への移動も自粛が求められる中、子どもたちはどんな夏休みを過ごすことになるのでしょうか。

 

 コロナ禍にあってできることは限られますが、今しかできないことを見つけてほしい。

 

 図書館ができて今年で20年。図書館はいつでも開館してあなたたちを待っています。世界は広いし、過去と未来の出会う場所。大いに利用して想像の翼を広げてほしいと心から願っています

続きを読む

2020年

8月

05日

猛暑が続く・・・

 今日5日の今の気温は35度。お昼には36度まで上がったもよう。何か涼しい便りを届けられないかとスマホを探したらありました。2枚お届けします。

続きを読む

2020年

8月

03日

住みやすい街ランキング

 1日に定期的に骨密度の薬をもらうために受診している医院の待合室でびっくりする記事を見つけました。週刊朝日8月7日号です。

 

 独自集計「住みやすい街ランキング」の特集記事でなんと粕屋町が全国地方の街の中で堂々12

 

 1位は新宮町。その他にも粕屋郡では須恵町や久山町が50位以内に入っていました。

続きを読む