2019年

6月

17日

「主要農作物種子法」に変わる福岡県独自の条例制定を求める意見書(案)の提出

 6月定例議会に意見書(案)を川口議員・中野議員・本田で提出しました。粕屋町議会で可決されれば小川洋県知事に意見書として提出できます。何とか可決できたらと思うのですが、5月臨時議会後様々なことがあり、準備不足は否めません。

 

 私自身も勉強が足りないのでここでまとめてみたいと思います。

 

なぜこの意見書が必要なのか

 国は突然種子法の廃止を閣議で決定、「廃止法」を国会に挙げ2018年4月に可決、成立させました。農業関係者にもほとんど説明はなかったようで、ご存じない方が多いと聞いています。この種子法は主要農作物(米・麦・大豆)を安定供給するために国が定めていました。戦後の食糧難の中でこの法律の下各都道府県で地域にあった多様な品種が開発され、国内で生産されるコメの種子は100%自給してきました。その国や都道府県の責任を定めた法律がなくなったのです。

 

種子は誰のもの?

 種子は、先祖代々、多くの人たちが自然とともに育んできた”共有財産” 種子がなくなれば、企業の手に委ねられれば、安定供給はできなくなる危険があります。実際に野菜や花などはその状況下にあり、生産農家は苗を買うことでの植え付けをせざるを得ない状況と聞いています。種子の開発が企業の特許となり、自由に植え付けができない状況、そのことで大企業による世界的な寡占が起きていると聞きます。

 

種子を未来の世代に手渡すためには

 種子はみんなの物、人類共有の財産です。国が廃止したとしても地方でがっちり守ればいい。そのために私たちは条例の制定権を持っています。この種子という財産を未来の世代に手渡すために公的品種を守る法律を各都道府県で作り、施策に必要な予算を確保すればいいのです。福岡県も福岡県の農業を守るために独自の条例を作ればいいわけです。

 

種子法廃止で起こりうる問題

  1. 種子生産の公的支えがなくなる
  2. 種子の価格が値上がりする
  3. 種子品種の多様性が失われる
  4. 大企業による種子の支配が進む

 

 各都道府県には現在農業試験場があり、国や県からの財政の確保をしていましたので公共品種の育成に力を入れることができました。米国やカナダでも州立大学や州の農業試験場が法律に支えられ重要な役割を果たしているそうです。地方分権の今だからこそ、私たちも福岡県独自の条例を作り、主要作物の種子の安定供給を諮り、県民の食糧主権を確立しましょう!

 

 福岡県内では昨年の9月議会より現在15の議会、大牟田市・八女市・みやま市・大川市・宇美町・大木町・柳川市・嘉麻市・小郡市・福智町・鞍手町・筑紫野市・小竹町・糸田町・大刀洗町が県へ意見書を提出しています。

 

 

0 コメント

2019年

6月

15日

プラスチックフリーライフ①分別方法の課題

  5月25日に回覧板が回ってきました。ごみの分別をルール通りにしてほしいという役場の道路整備環境課からのお願いです。

 

 ただこのチラシにはルールについての具体的な記載はなく、ホームページで確認してくださいとのこと。一言で説明するのは難しいのかな?

 

 粕屋町のゴミの出し方はクリーンパーク若杉が2007年に操業して変わりました。それまで分別ごみとして出していたプラスチックは、今ではペットボトル以外はほとんど可燃袋に入れて熱処理回収というやり方です。

 

 ただペットボトルの回収袋にはふた・シールをはがし、きれいに洗ったものをとなっています。ところが最近のペットボトルの収集袋はそうではないものが多く含まれ、資源ごみとしての価値がなくなり、選別し直す必要が出てきました。瓶や缶もごちゃまぜです。

 

 分別されていない資源ごみの袋。多発しているとのこと。とても気になります。

 

 このペットボトルは有価物として昨年は278万円ほどの売却収入が粕屋町にありました。資源ごみとしての分別の結果です。ところが、上の写真はその有価物としての価値さえなくなり、多分スタッフの皆さんが缶や可燃ごみとして分別・処理されるので余計な手間もかかります。

 

 粕屋町が加盟している「須恵町他2ヶ所清掃施設組合」クリーンパーク若杉の操業期限は2022年まで。その後5年間2027年までは今行っているRDF処理の方法が続けられることになっていますが、その5年の間に次の焼却施設を建設しなければならないという局面に差し掛かっています。すでにその基本方針が組合議会でも検討されていると聞いています。

 

 今プラスチックのゴミ問題が世界中で問題になっていますが、その流れの中で粕屋町でできることを今後探っていきたいと思っています。

 

 

0 コメント

2019年

6月

13日

3日間 12人の一般質問が終わりました

 議会の帰り道の畑で見つけたアジサイの花。3本あるのですが同じ畑の土なのに色がこれだけ違うのです。不思議ですね。

 

 12人の一般質問が終わりました。午前2人、午後2人、10~12日の3日間で行われました。議員のそれぞれの個性が出てとても勉強になりました。

 

 今回久しぶりに最初に登壇したので、その後の議員の内容を余裕を持ってみることができました。

 

 嬉しかったのは子どもの権利条例、SDGs(持続可能な開発目標)、男女共同参画などの言葉が飛び交ったことです。

 

 一般質問のテーマにしたいのだけれど、わかりやすく説明できる自信がなかったので私はあえて避けていました。

 

 けれども、今回それを前面に出してわかりやすく訴える同僚議員の姿に圧倒されました。目先のこと、身の回りのことを訴えるのも大事ですが、その基になっているところをきちんと伝えないといけない、ということに気づかされ刺激になりました。

 

 私は選挙の低投票率のことを今回のメインテーマにして質問しましたが、若い人に何のために選挙になぜ行く必要があるのか、世界の潮流の変化・背景を伝えないと彼らの心に響かないのでは。

 

 彼らが心を動かす情報発信を、そのための戦略がもっと必要と問うべきでしたね。一応、次への行動につながる情報発信が必要とは言いましたが。

 

 質問力をもっともっと鍛えなければ、と終わったばかりなのに私はもう次回9月議会の内容を考えています。久々に紙媒体の議会活動報告、本田よしえの「ブロッコリー通信」を発行する準備に取り掛かっています。

 

 

0 コメント

2019年

6月

08日

須恵川の水位計

 5月下旬、扇橋の橋の上で男性2人が話しているのを見かけました。帰りに何かの参考にと写真を撮りました。

 

 6月議会初日、箱田町長から報告があり、粕屋町がかねてより要望していた須恵川に「水位計」が設置されたということです。24時間、多分太陽光で作動のようですね。

 

 これで河川氾濫による防災体制が一歩前進したことになります。昨年7月の豪雨で河川の水位が気になり県の防災情報を閲覧したときのこと。多々良川はあるのに須恵川は見当たりませんでした。

 

 志免町や宇美町では宇美川の水位がわかるアプリが町のホームページのトップにありました。なぜ粕屋町にはないのか、素朴な疑問でした。宇美川の水害が多発していたのでしょう、須恵川は最近はあまり聞きませんが、私が子どもの頃、2年に1度の割合で堤防が決壊するような水害が起こっていました。

 

 粕屋町でも多々良川、須恵川の水位がホームページのトップにあるようになってほしい。

これも今回のホームページ改善への要望です。

 

 

0 コメント

2019年

6月

05日

議会中継のスマートフォン対応

 昨日の4日、粕屋町のホームページに、「議会インターネット中継がスマートフォンやタブレットでも見ることができるようになりました」とのコメントがありました。

 

 以前から望んでいたことなのでどういう仕組みでそうなったのかを尋ねてみました。

 

 まず議会事務局により予算、このインターネット中継は無料のユーチューブにアップしている自治体もありますが、粕屋町は安全性を優先して外部サイトでアップしています。そのサイト先に依頼して、今までパソコン上のウィンドウズメディアプレイヤーで見ていた画面をMPFデータに変換。

 

 その結果、スマートフォンやタブレットで閲覧できるようになったということです。費用はおよそ46万円ということでした。直近の5年前からの内容が閲覧可能ということでした。

 

 早速ページを開いてみました。5月15日の臨時議会の様子がよくわかりました。

 

 これで現在の粕屋町のホームページで見ることができるものはスマートフォンでも全部閲覧可能となり、いつでもだれでもどこででも、議案の採決の結果も含めてわかるようになりました。ただこれは現在の情報提供の範囲に限定です。

 

 粕屋町議会の議会情報の提供内容を早急に検討し、閲覧可能な範囲を粕屋町議会自身が広げないと意味がありません。今、粕屋町議会ではホームページ検討特別委員会を経て、広報広聴編集特別委員会でホームページに関する検討を始めています。

 

 議会独自のホームページを作るには300万円ほどかかる、またその管理を誰がするのかという問題などあり、町がホームページをリニューアルするのに乗っかって粕屋町議会も要望を出し、議会自身も広報広聴に力を入れようということになりました。

 

 本議会のインターネット配信も大事ですが、町民の皆さんが本当に必要としている情報は何なのか、それを粕屋町議会がどう把握し、同実現するか、ここも粕屋町議会改革の重要な柱です。

 

 現在、定例議会開催中では、本議会を休会にして、その間に常任委員会や特別委員会を開き審議・審査をしていますが、その情報公開をどこまでやれるのか、粕屋町議会の情報公開の公開度が大きくかかわってきます。

 

 私の望みは

  1. 現在PDFデータの「粕屋町定例議会会議録」を言語検索可能なバージョンにすること
  2. 各常任委員会の内容を、現在は要約筆記ですが、全文記録にし、誰でも、いつでも閲覧可能にすること
  3. 予算・決算特別委員会を常任委員会化し、この内容もインターネット配信か、全文記録で残すかの検討を急ぎ、広く情報提供に努める
  4. 議会の動きがすぐにわかるような新着案内の工夫
  5. 町民の皆さんの意向・意見が反映できる仕組みを導入する

 ことなどです。

 

 皆さんの要望があれば是非お尋ねしたいです。事業内容の検討がだいぶ進んでいてどの程度可能かわかりませんが、できることはやりたい。そうしないと次の機会、多分8年ぐらい先、まで待たないといけませんから。

 

 

 

 

0 コメント

2019年

6月

04日

6月議会日程と12人の一般質問通告書

 昨日の3日に議会運営委員会が開かれ、6月議会の日程が正式に決まりました。

 

 早速、粕屋町のホームページに日程と一般質問通告書がアップされました。また、スマートフォンやタブレットでも議会中継が見れるようになったと、本日コメントが出ていました。

 

 少しずつ議会が身近になっています。あとは「質」の問題ですね。

 

 一般質問の順番は受け付け順で決まります。5月20日から受付開始。1番は本田、2番目は田川議員。2人はすぐに決まりましたが、その後は希望者の届け出はなかなかなく、30日の締め切り前にバタバタ増えました。

 

 5月15日に臨時議会が開かれ、いろんなことがありましたので出足が鈍く気をもみましたが、結局12人の申込者があり、6月10日、11日、12日の3日間開催することになりました。昨日議時日程表の通告書一覧表を見ましたが、内容も様々で面白くなりそうです。

 

 答弁する執行部は大変かもしれませんが、粕屋町議会は少しずつ前進していると思います。質に関しては始まってみないとわかりませんが、トップに登壇するベテラン議員としての責任が果たせるように頑張ります。

 

 

0 コメント